We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その百四十三)The Battle of Tsushima
2006-11-22 Wed 12:37
「すぐ手当所にお運びするように言いつけます。」
副長が叫んだ。
「それには及ばん。私はここに残る。できるだけ早く島影に入り込み給え。
降伏はいかん。それよりも破壊したほうがましだ。」
副長は、血潮に染まった司令塔の床に艦長を横たえた。
「伝令、軍医を呼んでくれたまえ。」
振り向きざま副長が命令した。
それから副長は艦橋を駆け下り、後部艦橋へと駆けた。
そこで手動装置を使って、艦の操縦をしようと試みたのだ。
暴動の鎮圧が、その時のブローヒン中佐に課せられた至上命題であった。
彼は、艦橋を降りて直ちに鎮圧に取り掛かった。
士官・准士官や下士官を動員して、オスラビアの兵員であろうと士官であろうと、片端から殴りつけた。
そして、ホースを向けて海水を放射したり、拳銃を撃ったりした。
艦底には、いたるところに穴が開き、そこからの浸水により、艦は五度傾斜した。
前部の煙突は穴だらけで、後部の煙突にいたっては、上から下まで大きく裂けていた。
しかし、ドンスコイは前進した。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ツシマ沖の海戦(その百四十四)The Battle of Tsushima | Abiko Business Consultants | ツシマ沖の海戦(その百四十二)The Battle of Tsushima>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。