We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
年金記録回復、救済拡大
2008-02-29 Fri 00:00

 社会保険庁は4月から、年金記録問題に関する訂正の申し立てについて、領収書がない場合でも、保険料の納付が推定できれば、社会保険事務所で年金の支給を認める方針を固めました。

 領収書があることを前提としていた従来の方針が転換されることになります。
スポンサーサイト
別窓 | 社会保険・労務関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
China dust storm hits Japan and South Korea
2008-02-29 Fri 00:00
Yellow dust storms which blew sand from China's Gobi Desert over the Koreas and Japan appeared in this spring.
South Korea has ordered schools to close.
Drivers ,especially in south-west Japan, have been warned about low visibility from the dust clouds.
The dust storm picks up toxins as it passes over Chinese factories.
South Korea blames dozens of deaths every year on the storms.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Two earthquakes shake Indonesia
2008-02-28 Thu 00:00

Two big earthquakes have struck off the Indonesian island of Sumatra.
The quakes were measured at 7.3 and 6.9 respectively.
The epicentres of the quakes were close together, about 300km north-west of Bengkulu.
The same area was hit by an earthquake measuring 8.4 last September.
Indonesia lies in the Pacific Ring of Fire, an area of intense seismic activity.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
North Korea captures Russian ship
2008-02-27 Wed 00:00
A Russian cargo ship has been captured by armed coastguard agents in North Korean waters.
The Lida Demesh was heading for the Russian port of Vladivostok when it was stopped.
She was carrying a consignment of cars from Japan.
Russian sources said that the ship may have gone too close to a missile test site.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
NY Philharmonic in North Korea
2008-02-26 Tue 00:00
The New York Philharmonic orchestra has arrived in North Korea as a cultural diplomacy.
The orchestra is due to play in Pyongyang on Tuesday, and the concert will be broadcast live on local TV.
The US State Department has authorised the trip. despite deadlock on the issue of North Korea's nuclear programme at theSix-party talks.
The concert will feature Antonin Dvorak's Symphony Number 9.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
KIZUNA ・Flight Status
2008-02-25 Mon 06:21

February 24, 2008 (JST)

The JAXA confirmed that the "KIZUNA" deployed its solar array paddles normally through telemetry and image data received at the Santiago Station, Chile, and Maspalomas Station, Canary Island, Spain.
The satellite is in good health.

(From HP of JAXA)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Zinovy Petrovich Rozhestvensky Ⅰ
2008-02-25 Mon 00:00
Zinovy Petrovich Rozhestvensky was an admiral of the Imperial Russian Navy, who was in command of the Second Pacific Squadron in the Battle of Tsushima in 1905.
During the Russo-Japanese War, Rozhestvensky was commander of the Baltic Fleet.
Tsar Nicholas II ordered Rozhestvensky to take the Baltic Fleet to East Asia .

The Tsar also ordered the Admiral to protect the Russian far east naval base of Port Arthur, where was surrounded by the Japanese army.
Admiral Rozhesvensky had selected the Prince Suvorov as his flagship.

He had sailed with an untested fleet of new battleships and new untrained sailors on the longest coal powered battleship fleet over 18,000 miles one way voyage in history.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Launch Result of the KIZUNA
2008-02-24 Sun 04:06

JAXA has launched an experimental communications satellite designed to enable super high-speed data transmission in remote areas.
H-2A rocket no.14 carrying the satellite Kizuna was launched at 5:55 p.m. on February 23, 2008 ( JST)from the Tanegashima Space Center.
Jaxa said that the satellite had separated from the rocket at about 28 minutes and 3 seconds after liftoff,and successfully entered its intended orbit, 283km from Earth.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
US embassy in Belgrade attacked
2008-02-23 Sat 00:00

Several hundred protesters have attacked and broken into the US embassy in Belgrade, Serbian capital, setting fire .
The Serbian Police were not guarding the embassy at the time.
The Croatian and UK embassies were also attacked.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
New Launch Day of the KIZUNA by H-IIA F14
2008-02-22 Fri 04:19

JAXA announced carrying out the launch on February 23, 2008 (JST) based on the progress of the investigation and replacement work .
The launch time has been set between 4:20 and 5:55 (JST.).
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
US missile hits the satellite
2008-02-22 Fri 00:00
The US has successfully struck a spy satellite , which went out of control shortly after it was launched in December 2006,with a missile fired from a warship in waters west of Hawaii.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Navy to shoot down satellite
2008-02-21 Thu 00:00
The U.S. Navy plans to take a shot Wednesday at destroying a faltering spy satellite before it can tumble to Earth.
Pentagon sources said that sailors on the USS Lake Erie plan to fire a missile into space from a spot west of Hawaii around 10:30 p.m. ET Wednesday.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その五百十三) The Battle of Tsushima
2008-02-21 Thu 00:00
米国誌は先ず、ロジェストウェンスキー提督が、大艦隊を率いて一万八千哩に及ぶ大航海を成功させ、決戦に臨もうとしている勇気を激賞した。
そして、戦艦についてはロシア側が日本に倍する隻数を有していることから、ロシア側優勢としている。
また、ロシア艦隊の戦艦の性能について、一般的には老朽艦が多いという風説を厳しく否定した。
その風説は,はなはだ事実に反するものである。同艦隊に属する戦艦クニャージ・スワロフ、アレクサンドル三世、ボロジノ、アリョールの四隻は、ツェザレヴィチ型戦艦に改良を加えた世界最新鋭の戦艦である。
ツェザレヴィチが、昨年八月十日の黄海海戦で日本の戦艦から集中砲火を浴びながら、その防御が極めて堅牢でその追及を逃れることができたことは記憶に新しい。
このような艦隊規模からみると、勝利はロシア艦隊が手中にし、日本艦隊は壊滅するものと予想される。
しかし、観点を変えて乗組員の質からみると、日本艦隊の乗組員の多くは海戦を経験した歴戦の兵たちであり、砲火の飛び交う中で平静に戦う勇気を持っている。
それに比べてロシア艦隊の乗組員は長い航海中射撃を始め多くの訓練を続けてはきたが実戦の経験がない。
この点では、日本艦隊が有利である。
いずれにしても両艦隊の激突は、日露両国にとってすこぶる重大な意義をもっている。
もしも、東郷艦隊が勝てば、日露戦争は日本の勝利として終わり、日本は、一躍世界一流国に列する大国になるだろう。
また、もしもロジェストウェンスキー艦隊が勝利をおさめれば、ロシアは一挙に開戦以来の敗戦を逆転させて終局的にロシアに勝利をもたらすであろう。
われわれは、この海戦の結果を大いに注目するものである」
と、同誌は結語した。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Serbia recalls its ambassador from US
2008-02-20 Wed 00:00
Serbia has recalled its ambassador from Washington in protest at US recognition of Kosovo's independence.
Prime Minister Vojislav Kostunica said the US had violated international law,and also threatened to withdraw envoys from other countries which recognised the territory's secession from Serbia.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Launch Preparation Status of KIZUNA
2008-02-19 Tue 20:41
JAXA announced based on the progress of the investigation and replacement work of the problematic part that were carried out until yesterday, they are now preparing to launch the KIZUNA on February 23, as the earliest, or later. February 18, 2008.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
USA 193
2008-02-19 Tue 00:00
The U.S. military may try to shoot down a failed satellite using a missile launched from a Navy ship.
A US spy satellite has lost power and could hit the Earth in late February or early March.
The satellite could contain hazardous materials, and it is unknown where on the planet it might come down.
The satellite(USA 193)stopped working within hours of its launch in December 2006.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Kosovo declares independence
2008-02-18 Mon 03:56

Kosovo's parliament declares independence from Serbia Sunday, 17 February 2008.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その五百十二) The Battle of Tsushima
2008-02-18 Mon 00:00
五月二十五日、ロシア艦隊は上海東方海上を、朝鮮海峡に向けて航進していた。
ロジェストウェンスキー提督は、明朝になれば必ず接敵することを察して、各艦に戦闘速力を出せる準備を命じた。
彼は、戦艦、装甲巡洋艦には十二ノット、巡洋艦には十五ノットの速力を命じたのである。
ところで、目前に迫っている日露海軍の激突は、世界中の関心事となっていた。
欧米の雑誌、新聞にもそれについての予測記事が出始めていた。
四月二十二日には、アメリカの雑誌サイエンティフィク・アメリカンには次のような記事が掲載された。
タイトルは、「ロジェストウェンスキー提督の使命とその勝敗の予測」という端的なものである。
「今や、ロジェストウェンスキー中将は,一身をもってロシアの担っているといってよい。ロシアが制海権を奪い返して、勝敗を逆転できるか否かは、一に同提督の今後の行動による」
論文はこのような調子で始まっている。
「日露戦争の勝敗の定まる時期は、目前に迫っている。今日までの経過を見ると、東洋に威容を誇っていたロシア海軍力は日本海軍によって壊滅され、僅かにウリジオストック軍港に三隻の軍艦が残されているのみである。
また、強大な戦力を誇ったロシア陸軍も、すぐれた司令官と最新式の兵器を装備した百万の大軍を擁しながら、日本陸軍の果敢な攻撃を受けて大敗北をこうむっている。
しかるに、ロシアは、なお屈服せず最後の手段としてロジェストウェンスキー中将に命じ、多数の軍艦を率いて東洋に向かわせた。そして、ロシア艦隊は,今まさに東郷大将指揮の日本艦隊と激しい砲火を交えようとしている。その勝利は、果たしていずれの艦隊に輝くか」と述べ、改めて勝敗の予想を分析した。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
TK-X
2008-02-17 Sun 00:00

TK-X (MBT-X) is a project to build a new main battle tank to replace the existing Type 74 and Type 90 main battle tanks that are currently in service with the Japan Ground Self Defense Force.
The development began in 1990s.
The Ministry of Defense opened the new type tank (trial production vehicles) of the Japan Ground Self-Defense Force ,which is the military ground force of Japan.,under domestic development to reporters in Sagamihara-shi, Kanagawa ,aiming at equipment from the Heisei 22 fiscal year.
The new style tank carries the system called C4I.
It can make full use of High-tech and can exchange and share information between the tanks of an ally instantly.
The tank can cope with not only an enemy's tank but also new threats, such as an attack by a guerrilla or Special Forces.
This tank has equipped the 120 mm smoothbore gun with the fire-control system which is also made as for exact shooting.at night or in bad weather
The tank uses modular ceramic composite armour.
This tank carries the machine guns (12.7mm and 7.67mm).
The weight of the new tank is about 44 tonnes lighter 6 tonnes than the Type-90 tank which is the existing main battle tank of the Japan Ground Self-Defense Force..
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その五百十一) The Battle of Tsushima
2008-02-16 Sat 00:00
先行する駆逐艦隊は、夜間に敵の駆逐艦と見間違えられるのを恐れて、味方識別方法を採用していた。
夜間は、煙突に色彩を施し、艦隊に近づいた時は、それを探照灯で照射して、自らを味方であると知らせた。
また、同時に識別信号を発信した。
艦隊の士官たちは、日本の艦隊の編成に大きな関心を抱いていた。
これは、ロジェストウェンスキー提督も同様で、彼によると昨年の八月十日の戦闘で損害を受けたミカサは未だ回復していないとのことである。
最近、艦隊の乗員に日本の軍艦の檣の高さの一覧表が配布された。
これは、遠距離から敵艦を識別するのに非常に有効なものであるが、そこには沈没したハツセやヤシマに加えてミカサの姿はなかった。
その代り、ロシアの新聞のイギリス特派員の報道によれば、日本艦隊には新たに装甲巡洋艦二隻が加わっているとのことである。
五月二十四日、艦隊はツシマ海峡から百五十マイルの位置にまで到達した。
いままでのところ、日本軍艦の姿は見えない。
本日午後二時、艦隊は三ノットの速力で上海に向かっている。
これは、輸送船を護送するためであるが、明朝になると巡洋艦リオンとドニエプルが上海水域まで船団を先導することになっている。
五月二十五日午前八時、六隻の輸送船が二隻の仮装巡洋艦に護衛されて上海に向かった。
これらの輸送船はすでに荷役を終えており、いざ戦闘ともなれば足手まといになるだけであるからである。
二隻の仮装巡洋艦には、途中で輸送船団と離れた後は、黄海方面に向かい、陽動作戦を行うよう命令が下されていた。
ロシア艦隊が黄海方面で行動中であるという情報を与えて、トーゴーの判断を撹乱しようとする戦法であった。


From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Launch Postponement of the KIZUNA
2008-02-15 Fri 00:00

Mitsubishi Heavy Industries, Ltd. and the Japan Aerospace Exploration Agency have decided to postpone the launch of the "KIZUNA" by H-IIA Launch Vehicle No. 14 (H-IIA F14).
The launch was originally scheduled for February 15, 2008 (Japan Standard Time, JST.)
The new launch date will be announced as soon as it is determined.

From HP of JAXA
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Launch Day of the H-IIA Launch Vehicle No. 14 (H-IIA F14)
2008-02-14 Thu 00:00

The "KIZUNA" is a communications satellite that enables super high-speed data communications of up to 1.2 Gbps.
The H-IIA F14 is a "H2 A2024" type of rocket with two solid rocket boosters the super high-speed Internet satellite and four solid strap-on boosters.
JAXA is providing a live report of the launch of "KIZUNA" /H-IIA F14 from a studio at Tanegashima.

Scheduled date of launch :
February 15 (Friday), 2008 (JST)
Launch time :
Between 4:27 and 4:39 p.m. (JST)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その五百十) The Battle of Tsushima
2008-02-13 Wed 00:00
旗艦スワロフのマストには盛んに信号旗が揚がるようになった。
午後三時半から、五時までの一時間半ほどの間に、それは実に五十回にも及んだ。
この異常とも思える、信号旗の掲揚回数は艦隊の乗員を驚かせた。
そして、ようやく日本艦隊との決戦が間近であることを全員が覚った。
二十三日夜、ロジェストウェンスキー提督の耳に悲報が届いた。
四月十六日、脳溢血で倒れ病臥中であった第二戦艦戦隊司令官フェリケルザム少将が死亡したという知らせであった。
ロジェストウェンスキー中将の嘆きは大きかった。
フェリケルザム少将は、第二戦艦戦隊の司令官として、ロジェストウェンスキー提督の最大の協力者であり、戦闘中、提督に万一のことがあれば、その第一承継者であったのだ。
ロジェストウェンスキー中将は、フェリケルザム少将の死が艦隊の乗員の士気に悪影響を与えることをおそれ、同少将の死亡を極秘事項として秘匿することにした。
それは各艦長にすら知らされなかった。
少将が座乗していた戦艦オスラビアの檣頭には、依然として少将旗が翻っていた。
ロジェストウェンスキー司令長官は、密かにオスラビア艦長ベルー大佐を第二戦艦戦隊の司令官に任命した。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
New arms of the Japanese Navy
2008-02-12 Tue 00:00
Russo-Japanese War

③The 36 type radiotelegraph,
Radiotelegraphy technology was just invented by Guglielmo Marconi around 1894.
The Japanese Navy adopted this latest technology promptly.
The 36 type radiotelegraph was formally used for the Sea of Japan army in 1903.
It was utilized for the report of the Baltic Fleet discovery by the Shinanomaru, and information exchange of each Japanese warship under battle.
The 36 type radiotelegraph drew the war situation advantageously for the Japanese Navy.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その五百九) The Battle of Tsushima
2008-02-11 Mon 00:00
五月二十二日、いままでのところ、ロシア艦隊は日本の哨戒艦とは一隻も出くわしていない。
実は、昨日旗艦から、巡洋艦ジュムチェグに対して、「気球を発見した。北東四十八度に向け発進」との命令が出されたが、間もなくそれは誤認であることが判明した。
五月二十三日、早朝から石炭の積取作業が開始された。
同時に、提督から詳細な訓令が下達された。
それは、常時戦闘態勢を保持することから始まり、戦闘において被害を受けた際には、艦隊の機動を妨げないよう、艦列から離脱する。
破損艦には軽巡洋艦、駆逐艦または曳船が救助に赴く。
第一駆逐隊は戦闘時には常に旗艦の様子に注意を払い、もし旗艦が傾くのを認めた場合には、部隊の二艦は,ただちに旗艦に接舷し、提督および幕僚を収容する。
その際には、提督旗は駆逐艦に移し、艦隊中の他の艦に移すまで、駆逐艦が指揮艦となる。
提督の訓令は、以上のように委細を極めていた。
しかし、この訓令は艦隊の乗員たちの首をか傾げさせた。
艦隊が太平洋上に出るのであれば、戦闘にはまだ十分の時間的余裕があるはずである。
乗員たちは、「戦闘準備を整えよ」という緊迫した内容の訓令は、日本艦隊が近付いているという警告を与えたものに過ぎないものと解釈した。
そして、艦隊が南西の方角に進んでいることも、日本艦隊を欺瞞するための陽動作戦であろうと推理した。
その間も、艦隊に付属する駆逐艦九隻は、艦隊の前方に散開し、前方を横切る商船があれば、それをすかさず追跡した。
また、駆逐艦隊は、進路上に浮遊機雷らしきものを認めると接近して射撃することになっていた。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
New arms of the Japanese Navy
2008-02-10 Sun 00:00
Russo-Japanese War

②Shimose powder

Shimose powder was a type of gunpowder developed by the Japanese chemist Shimose Masachika.
The powder was used by the Japanese Navy from 1893,
It is said to have played an important role in the Japanese victory in the 1905 Battle of Tsushima.
The Shimose powder formulation was derived from that of the smokeless powder developed by the French inventor.
Dr. Shimose analyzes and copies the French gunpowder which makes picric acid the main ingredients.
The powder brought great precision to Japanese gunnery.
The surviving Russia seaman recollected after the war.
“I saw the iron gun blaze up. Even now, I could not believe it."
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その五百八) The Battle of Tsushima
2008-02-09 Sat 00:00
五月二十日、艦隊は台湾の緯度を北上している。
すでに、日本領土の島の間を通過しているのだ。
夜間は、敵の攻撃を警戒して警備体制をとっている。
既に二日前、輸送船タンボフは荷揚げ終え、上海に去った。
四日後、艦隊は朝鮮海峡を通過する予定である。
司令部から情報によると、このときまでに輸送船は艦隊から離脱させるとのことである。
五月二十二日、艦隊は台湾の北を迂回して、琉球列島の間を抜けて、黄海へ入る針路を進みつつある。
本日は、石炭積み込み作業が予定されていた。
輸送船は、その作業終了後、上海に向かい、その地で艦隊がウラジォストック到着するまで留まるよう指令された。
この日は、未明から暴風雨になった。
ロジェストウェンスキー提督は、朝鮮海峡突入を前にして、巧妙な陽動作戦を立てていた。
それは艦隊の一部を割いて、四国沖に進出させることであった。
その計画は、日本船を撃沈し、外国船を臨検させることによって、東郷提督の注意をそちらに向けさせ、あわよくば日本艦隊の出撃を促すことを企図していたのである。
その統合艦隊が朝鮮海峡から離れた隙間を狙って、海峡を突破しようと考えたのである
ロジェストウェンスキー司令長官は、仮装巡洋艦クバンに、捕獲船オリドガミア号を伴い、日本の太平洋沿岸に進出し、宗谷海峡を経て、ウラジオストックへ向かうことを命じた。
そして、その陽動作戦の効果を一層期するために、仮装巡洋テレクに対して、「貴艦は、艦隊と離れ、日本の四国南方百海里および二百海里の洋上に進出し、日本商船及び外国商船を撃沈又は拿捕すべし」と命じた。
命を受けたテレクは十九ノットの快速を利して、北東に針路をとると、たちまち水平線下に消えていった。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
New arms of the Japanese Navy
2008-02-08 Fri 00:00

Russo-Japanese War

①  Ijuuin fuse

The armor piercing shot and shell of navel guns of those days had only small power. And the armoring of the enemy ship was not able to be penetrated in many cases.
There were many unexploded shells ordnance which do not explode even if hitting an enemy ship.
The high explosive has a problem in a fuse
Rather than the penetration of armoring by an armor piercing shot and shell, the Japanese combined fleet aimed at destruction of the superstructure of an enemy ship by a high-explosive .
The Ijuuin fuse which Major General Gorou Ijuin developed was adopted as the fuse by the Japanese navy.
This fuse was very sharp. With the characteristic of the Shimose gunpowder, the artillery shell of Japan which exploded in respect of armoring of the Russian warship generated the fire, and decreased the Russian superstructure in power.
Armor Piercing shot and shell of Russia makes a hole in a chimney etc., runs through a warship object., and falls all over the sea on the opposite side. However, the Japanese shell, even if hitting the rope, exploded on that spot.
The enemy ship was wrapped in the flame.
the Russia fleet will receive the heavy rain of the Shimose gunpowder and it became the cause of one-sided game.
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
社保庁が方針転換
2008-02-07 Thu 00:00
特別便相談で勤務先等のヒント提示、全員に 
 
社会保険庁は5日、年金記録の確認を促す「ねんきん特別便」を受け取った人が社会保険事務所の窓口に相談に来た場合の対応について、社保庁が方針転換
をしました。
 舛添要一厚生労働相が,先ほど発表した方針では、具体的ヒント提示は、他に該当する人がおらず本人特定に結びつく可能性が極めて高いケースに限定することになっていましたが、与野党から「これでは記録漏れを思いだせない」との批判が強まったため方針を転換したとのことです。
新方針では、他に同姓同名や同じ生年月日など該当者が複数いる可能性のあるケースについても、過去の勤務先名や居住地の市区町村名といった具体的ヒントを伝えることが明らかにされました。
別窓 | 社会保険・労務関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その五百七) The Battle of Tsushima
2008-02-06 Wed 00:00
艦隊は暫く行く間に、故障艦が続出し始めた。
湾から出てすぐ、戦艦二隻が故障して艦列を離れた。
そのため艦隊は停止せざるを得なかった。
このような醜態を曝したのはシソイとアリョールであった。
十五日午後三時、巡洋艦イズムルードの舵の故障でまた。半時間ほど艦隊が止まった。
ロジェストウェンスキーの艦隊が、航海中、これほどまで多数の艦船の編成をしたことはなかった。
艦隊は補助艦・輸送船を含めて五十隻に上り、それらから吐き出す煙は、艦隊の後方に大きな黒雲となり、それは、はるか水平線にまで伸びていた。
夕刻になり艦と艦との間をつめて、艦列を縮める作業を行った。
夜間になると、各艦は識別灯を点けて航行する。
五月十七日、艦隊は平穏に航行を続けている。
時としては、操舵装置や機関の不具合で行き足を止めることもあったが、そんなケースは極く稀になっていた。
経験が、乗員に事故を手早く処理する術を教え込んだのである。
提督は常に艦橋に位置して、艦隊の動きを監視していた。
それは、時々、旗艦の前櫓に信号旗が掲げられることによっても明らかであった。
その度に、各艦は応答旗を律儀に上げた。
五月十八日、自力航行を続けている駆逐艦に石炭補給が行われた。
夜になって、巡洋艦アレークが英国船オリドガミア号を拿捕した。
同船の船舶書類によると積荷は、石油1000ブードであるにもかかわらず、実際には船腹一杯に積み込んでいる。
尋問したところ、機関士と船長の言い分が異なっている。
イギリス人たちは酷く取り乱している。
艦隊はイギリス船を同行することにした。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。