We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
社保庁・年金法が成立
2007-06-30 Sat 04:23
社会保険庁改革関連・年金時効停止特別措置法が、30日午前1時前、参院本会議で可決・成立されました。
社保庁改革法は同庁を10年1月をめどに廃止し、非公務員型の「日本年金機構」に変えるというものです。
ただし、国は年金の管理運営に責任を負い、職員採用にあたっては、第三者機関の意見を聞くという内容です。
また、年金特措法では記録漏れが見つかっても5年間しかさかのぼって受給できないという会計法の時効を適用しないで、全額を補償することになります。

From ABC
スポンサーサイト
別窓 | 社会保険・労務関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その三百五十九) The Battle of Tsushima
2007-06-30 Sat 00:03
第一師団長飯田中将は、周辺に所在する各部隊に対して、田義屯防衛命令を下達した。
同地を守備していた第一師団野戦砲兵第一連隊長兵頭雅誉大佐は、部落を飛び出し退却してきた兵士たちを誰彼となく捕まえては、「敵はどこだ。距離は」と尋ねたが、
「あっち、こっち」と頗る要領を得ない。
「水鳥の羽音に驚いて逃げた平家の故事とは、かかるものか」
大佐は胸中に嘆声を発したが、事態は急迫していた。
大佐は指揮下の各砲兵中隊に、「落ち着いて射て。敵は土俵にあり、味方は砂被りに在る。各個に敵を発見次第射て」
と、指示した。
師団の予備として控えていた第一連隊は、部落の東方の土塀に配置された。
連隊長生田目新中佐は、兵員を指揮して土塀に銃眼を穿ち、敵襲に備えた。
田義屯北方には、まだ後備第十四旅団が後置されていた、
同旅団は第九師団に転属する予定であったが、第一師団長飯田中将は、目前の急に対処するため戦闘に加入することを命じた。
旅団長斎藤徳明大佐は、指揮下の二個連隊のうち、まず後備第五十五連隊を展開させた。
前線では依然として苦戦が続いていた。
午後二時ごろになると、第三連隊の大部も、敗走に巻き込まれて退却を始めた。
辛うじて踏みとどまったのは、同連隊第三、第四中隊であり、第二連隊第一、第三中隊が第二線を僅かに防備していた。
第三連隊第三大隊長浅村安直少佐が第一線で指揮を執っていたが、負傷して、同第十二中隊長蜂須賀喜信大尉が代わった。
砂嵐はやむことを知らず、将兵たちは痛む目をこすり、口中に飛び込んだ砂礫を吐き出しながら、戦闘を続けた。
壊乱の糸口を作ったのは、後備第十五旅団である。
この旅団は平均四十五歳という、老兵揃いであった。
余談なるが、日露開戦までに日本陸軍が築き上げた戦時兵力は、歩兵百五十六個大隊、騎兵五十四個中隊、野戦砲兵百六個中隊、工兵三十八個中隊であるが、このうち混成二個師団は台湾に派遣されていた。
別に必要に応じて、後備である歩兵九十四個大隊、騎兵七個中隊、砲兵四個中隊、工兵十三個中隊が準備されていた。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。