We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
年金カードの導入検討
2007-06-15 Fri 06:44
政府・自民党は、年金保険料の納付履歴や受給金額などをパソコンで随時確認できる「年金カード」(仮称)を導入する方向で検討に入った模様です。
これは、年金記録漏れ問題の対策として措置ですが、この年金カードを使用すれば、保険料の支払い記録や将来受給できる金額が確認可能だそうです。

From ABC
スポンサーサイト
別窓 | 社会保険・労務関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その三百四十四) The Battle of Tsushima
2007-06-15 Fri 01:35
突撃は不可能であった。
連隊長戸板中佐は、歯がみして、突入を断念した。
その報告を受けた飯田中将は、乃木司令官に「夜襲を敢行し」三台子を攻略すると通報する以外に術はなかった。
一方、三台子では、夜になってロシア兵の歓声が沸き起こっていた。
突然、それこそ何の予告もなしに、援兵が到着したのである。
姿を見せたのは、第五十三連隊の二個中隊と第二百十四連隊第二大隊であった。
実のところ、この救援部隊は、本来、北方兵団の予備隊に組み入れられるはずであったのが、手違いにより三台子に到来してしまったのである。
「之れ、福音なり。神の御加護に外ならず」
指揮官ビルゲル中将が、歓喜の声をあげた。
午後九時、北方兵団の参謀長エイフゴリツ少将から電話がかかってきた。
北方兵団の司令官ラウニツ大将が、田義屯奪回を希望しているが、それには三台子、観音屯両守備隊の協同作戦が必要である、と言っているとのことである。
少将は、集成軍団第一旅団長ドムプロフスキー少将が、観音屯に派出されているので、同少将と協議して、田義屯夜襲を決行されたい、と付け加えた。
ビルゲル中将は、三台子から六中隊を出すから、観音屯からも同数の兵力を抽出して、田義屯夜襲隊を編成する計画を立て、その旨の手紙を持たせた伝令を観音屯へ走らせたが、ドムプロフスキー少将はそれを一読した後、舌打ちしながら、守備隊長である第百六十二連隊長ガウリロフ大佐を顧みて、言った。
「田義屯を攻撃するのは可能である。ただし、途中の日本軍を撃破し得ればのことである」
少将は、返書は認めぬ、聞いた通りを報告せよ、として伝令を追い返した。
報告を受け取ったビルゲル中将は、不快な表情を浮かべたまま、沈思した。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。