We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その三百三十四)The Battle of Tsushima
2007-06-05 Tue 11:57
第十三旅団長吉田少将は、予定を変更して八家子を先に攻めることにした。
この報告が師団長大迫中将に届いたとき、中将は事の意外さに驚愕した。
中将が直ちに第九師団に連絡をとると、その返答も意外なものであった。
八家子攻略という事実など知らぬ、というのである。
第九師団の右翼隊が目標にしているのが同地である、という返答であったのだ。
つまり、八家子は攻略済みではなく、唯今から攻撃を開始する、と伝えてきたのである。
中将は、吉田少将に対して、八家子は第九師団の目標であるから、それまで前進を中止させよ、と指令を下した。
少将も即座に停止命令を発出したが、第二十六連隊第三大隊は、その時,すでに八家子まで四、五百メートルにまで迫って戦闘中であり、旅団から派遣された伝令も途中で銃火に斃れ、停止命令は伝わることがなかった。
しかし、第三大隊は死傷者続出のため、自然とその場に停止することになり、吉田少将の苦慮は、払われることとなった。
時刻は、午前十時過ぎであった。
そのとき、ようやく第九師団第六旅団が進出してきた。
同旅団は一戸兵衛少将の指揮下にあり、八家子攻略を担当していたのである。
第六旅団は、第三十五連隊を先頭に進撃してきたが、ここの部隊も八家子の前方八百メートルの地点で敵の猛射を浴びることとなった。
生憎、地形が敵に向かって緩やかな登りとなっているため、ロシア軍はいわゆる拳下がりに射ちおろしてきたのである。
しかし、第三十五連隊の前進は続いた。
ところが、同連隊の進行方向は次第に第七師団の第一線部隊である第二十六連隊第三大隊に近寄っていった。

Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。