We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百三十七) The Battle of Tsushima
2007-02-27 Tue 23:18
寄り道をしすぎた。では、三月二日午後九時過ぎの馬頭郎へと戻ろう。
満州軍総司令官クロパトキン大将の電話命令を耳にして、ラウニツ大将は苦笑いを浮かべた。
彼自身が予測したとおりの退却命令であったからである。
第二軍は大祝三堡と蘇湖堡を結ぶ線までに、三日の午前八時までに退却せよとの内容であった。
ラウニツ大将は、渾河西岸に布陣して、彰駅站附近の日本軍と対峙しているゴレムパトフスキー部隊を西岸沿いに撤退するよう下命した。
第二軍主力は、既に渾河東岸沿いに退却を開始していた。
ラウニツ大将の関心は、大王崗堡の第二軍経理倉庫の処分に移った。
同地は、鉄道支線の終点に当たる場所であった。
大将は、兵卒を動員して、砲兵・衛生資材等を貨物車に積み込ませて後送の準備にかからせた。
糧食・衣料等の兵站資材については、焼却を命じた。
列車へのあわただしい積み込み作業の傍らでは、馬糧のために蓄えられ,十メートルの高さにまで山積みされた高粱に火がかけられた。
この夜は、寒気は特に厳しかった。
この時、既に寒暖計は零下二十三度を記録していた。
附近にいた警備兵たちが、集まってきて、この巨大なかがり火で暖をとり始めた。
高粱の山を燃やす炎は夜空を焦がさんばかりに舞い登った。
その様は、あたかも火の城の如き、盛観を呈した。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。