We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百二十七 The Battle of Tsushima
2007-02-16 Fri 00:00
同時刻、沙嶺堡に向かったロシア第二軍団司令官カウリバルス大将から第二軍団主力の指揮を任された軍司令部付ラウニツ大将は、双樹屯南方の丘に登り、敵情を観察していた。
ラウニツ大将の双眼鏡には、西方の朴坨子附近に日本軍の騎馬斥候の姿が捕らえられた。
眼を凝らして眺めると、後方からは大部隊が北進しているのが認められた。
進軍してきたのは、林家台へ向かう第三軍所属の第九師団であった。
「ハラショー」
白い大きな髭に覆われたラウニツ大将の顔には、会心の笑みが浮かんでいた。
第九師団の東側に当たる双樹屯には、ロシア第八軍団所属のゴレムパトフスキー少将率いる部隊が待機していたのである。
日本軍の運動から推察すると、明らかに双樹屯のロシア軍の存在に気づいていない。
奇襲をかければ、成功は疑いなかった。
「オーチン・ハラショー」
大将は再び満足げに呟いた。
大将は、「日本軍をこの戦線より撃退せよ」と、ゴレムパトフスキー少将に命じた。
それに応じて、少将は指揮下の四個連隊を前進させた。
それを見届けたラウニツ大将は、馬頭郎へ引き上げていった。
午後五時三十分、第九師団の先頭部隊である第三十六連隊第一中隊が彰駅站を占領した。
しかし、師団主力は、まだ朴坨子附近にあった。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。