We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百二十一The Battle of Tsushima
2007-02-10 Sat 00:25
午後二時三十分、ロシア軍第二十五師団の沙嶺堡に対する攻撃が開始された。
第一師団右縦隊が到着した直後のことである。
まず、一個大隊ほどの兵力が正面から、つづいて左側から三個大隊が攻めかかってきた。
南方の弓匠堡子に陣を敷いていた第七師団砲兵が、正面のロシア第九十五連隊を砲撃し、行き足を止めさせた。
左側から攻め寄せてくるロシア第九十八連隊は、兵力を増やしながら前進を続けている。
右縦隊を指揮する馬場少将は、部下に敵を八百メートルにまで引き寄せるまで、発砲を禁じた。
午後三時二十分、小銃と機関銃の斉射を行い、ロシア軍の足を停めさせたが、敵は退却することなく応射してきた。
右縦隊が、三方から熾烈な銃砲撃を受けて、進退に窮していた頃、第一師団の左縦隊は、七公台を経て、旧鉄道堤東側にまで進出していた。
第七師団長大迫中将は、ロシア二十五師団の出現を知り、予定した張士屯進撃を諦め、その一部を徳勝営子の西北丘に前進させるに留まった。
ここでやや余談となるが、師団とは陸軍の常備兵団としての最大単位である。
師団の兵数は一万人程度であり、師団の下に旅団があり、更にその下には、連隊、大隊がある。
日本は、十三個師団と後備七師団の兵力でもって日露戦争を始めた。
兵数にすれば二十万余である。
これに対するロシアの常備兵力は、二百万であった。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。