We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百二十THE Battle of Tsushima
2007-02-09 Fri 00:52
しかし、雪に覆われた斜面に伏せて、瞰射を受けて被害を蒙る環境は前日と同様であった。
第五中隊長武田正助中尉が喉に貫通弾を受けて戦死し、同中隊の士気は大いに衰えた。
しかし、なんとかして、第十九号角堡前面の高地までたどり着いた同中隊は、そのまま攻めれば第十八号角面堡からの側射を受けるし、第十八号角面堡に向かえば、第十九号からの射撃で、背後から撃たれ、立ち往生した。
神戸少佐は、連隊副官多聞二郎大尉と協議して、暫くの様子見を図った。
一方、東部戦線では、鴨緑江軍所属の後備第一師団は、体力が尽きたかのように立ち止まってしまった。
第十一師団も、その主力が救兵台、竜王廟嶺を攻撃したが、はかばかしい戦果はあげられなかった。
午後になると、西部戦線では、日本第三軍の東進につれて、ロシアの第二軍が退却するする現象が交錯して現れた。
第三軍の第一師団の先頭が、午後一時三十分、沙嶺堡に侵攻した。
第七師団の前衛も、四台子に入り、退却中の敵を大いに追撃した。
午後二時に至り、第七師団長大迫尚敏中将は、孤家子に進出して、第三軍司令官乃木大将と第一師団長飯田俊助中将に、師団を徳勝営子に進出をすることを報告した。
同じ頃、ロシア軍第二十五師団が、沙嶺堡の東方に位置する旧鉄道堤に到着した。
同師団は、沙嶺堡が友軍に焼き払われ、既に日本軍が進出しているを知らずに、同所に宿泊する予定で行軍を重ねてきていた。
事情を知った、師団長プネフスキー中将は、直ちに第九十五連隊及び第九十八連隊に、沙嶺堡攻撃を命じた。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。