We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百十八)THE Battle of Tsushima
2007-02-07 Wed 00:24
両師団ともに順調に進撃した。
午前十時ごろ、第七師団は敵の騎兵団六、七百騎がはるかかなたを東進する姿を認めた。
パウロフ少将の率いるウスリー騎兵師団第一旅団である。
彼らは日本第三軍の迂回運動を知り、その東側を警戒前進していたが、戦闘を交えることなく、そのまま雪煙を上げて姿を消していった。
第七師団の右側衛を務める前衛騎兵隊は、午前十一時五分、狐家子に到着し、さらに駆けて東の四台子まで前進した。
同隊は、四台子から沙嶺堡へと延びるロシアの電信線を切断した。
同時刻、第一師団の右縦隊は、沙嶺堡保西南約四キロの地点に到達していた。
そこで、先発した騎斥候からの「沙嶺堡の敵騎兵が同村に放火し退却した」という報告を受けた。
右縦隊指揮官である第一旅団長馬場命英少将は、「第一師団の名誉である」と大声を発し、沙嶺堡への進撃を命じた。
その時期、中部戦線では、第四軍が苦戦中であった。
第四軍は、前夜の軍命令に従い、第六師団が沙河堡を攻め、第十師団が万宝山を攻撃した。
第六師団の相手はシベリヤ第六軍団、第十師団の当面の敵はシベリヤ第一軍団であった。
第六師団は第十一旅団の第四十五、第十三連隊を選び、攻撃部隊を編成した。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。