We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百十七)THE Battle of Tsushima
2007-02-06 Tue 00:12
ロシア満州軍総司令官クロパトキン大将は、日本第三軍の攻撃は、陽動攻撃であると推断した。
彼は第二軍カウリパルス大将に打電した。
「主敵は、貴軍の北方に在り。貴軍は、可能な限り目前の敵を牽制し、我が企図を覚るらしめざるよう努め、迅速に兵力を後方に展開するを要す」
大将は自室に参謀長サハロフ中将と参謀副長エウェルト少将を招きいれ、彼が主敵とみなす日本第三軍の企図について検討した。
サハロフ参謀長は、日本第三軍の狙いを、こう推断した。
「新民府・奉天街道を遮断すると共に、同街道を利用して北西から奉天へ突進するものと思われる」
参謀副長もそれに同意した。
しかし、大将は疑義を呈した。
「日本軍の目標が奉天であることは明白である。であるとすれば、乃木の第三軍は新民府・奉天街道にまで進出する必要はない。途中で東へ進み、真横から奉天を突くほうが有効であろう」
では、どこが日本第三軍の突破点となりうるのか、中将が反問した。
大将は長い指で机上の地図の一点を指し示した。
奉天西方の沙嶺堡附近である。
そして、前日に高力屯に進出した第二十五師団と第十軍団から二個旅団を引き抜き、沙嶺堡へ向かわせることを命じた。
クロパトキン将軍の着眼点は適切であった。
第三軍司令官乃木大将は、まさに第一、第七師団を沙嶺堡附近で東進させつつあったのだ。
第三軍の主力は、長灘・新民府街道を北上して来たが、火石崗子の北方附近から第一師団を北、第七師団を南に位置させ、東に向きを変えさせたのである。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。