We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百十四)THE Battle of Tsushima
2007-02-03 Sat 03:57
奉天に居るクロパトキン大将は、乃木軍の主力が西部戦線にあって運動を始めたことを知った。
彼は、直ちに東へ送った予備軍を呼び戻すべく、その措置を講じ始めた。
午後二時過ぎから戦闘が激しくなり、乃木は敵の壁が厚くなったことを体感した。
乃木は前進を焦った。
総司令部からの電話による督促も激しくなった。
「第九師団は動いてとらんじゃないか」
乃木の司令部は、第九師団は、当面据え置いたまま他の師団が予定の位置に着くのを待って、動かそうとしていたのである。
ところが、この日、第七師団が西方に躍進しすぎて、第九師団との連絡が途絶えがちになった。
午後三時、第九師団がようやく腰を上げた。
白皚皚たる満州の荒野を、師団の一万一千四百人の将兵は粛々として行進した。
ロシアの砲火が降り注ぐ中を、彼らは整然として進んだ。
砲弾が炸裂して絶えず立ち上げる雪煙の中を、師団の隊列は決して崩れることはなかった。
ニキロ半進み、予定陣地に入った。
 三月二日、日本側は乃木の第三軍による奉天包囲の西側の壁を築こうとし、ロシア側は右翼に展開していた第二軍の主力を引き上げ、それに対抗する防御壁を構築しようと努めた。
日本側は第二軍がロシアの第二軍の主力と組み合っている間に、第三軍を奉天北西に急進させ、包囲網を築こうとしていた。
ロシア側にしても、第三軍の迂回を防ぐためには、第二軍が素早く撤退しなければならない。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。