We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百十三)The Battle of Tsushima
2007-02-02 Fri 00:00
クロパトキンは、更にシベリア第一師団と第七十二師団、加えて歩兵二個連隊を東部戦線に増派した。
彼は全兵力の実に二割をこの狭い山岳地帯へつぎ込んだのである。
この神経質な将軍は、中国人間諜のもたらした「ノギ軍十万来る」という誤報に振り回されすぎていたのである。
さらには、クロパトキンは鴨緑江軍に第十一師団が含まれていることを知り、これを第三軍と誤解したのである。
東部戦線で、鴨緑江軍が健闘している間、西部戦線に展開している第三軍はまだ行動を起こしていなかった。
二月二十五日、第三軍の幕僚たちは「鴨緑江軍が清河城を占領した」という吉報に沸いた。
乃木は、今こそ第三軍が行動を開始すべきだと判断し、総司令部に電報を打った。
折り返し返電が届き、「二十七日から、前進を開始せよ」と命じられた。
その日の午前九時、乃木の軍団は一斉に発動した。
田村久井少将の率いる騎兵第二旅団は小黄旗堡に向かって進発し、飯田俊助中将の第一師団は六間房へ、大迫尚敏中将の第七師団は猫児頭へ、永田亀少将の野砲第二旅団は呉家崗子へとそれぞれ進軍を開始した。
会戦開始後第三日目の三月一日朝、日本軍の大攻勢が始まった。
満州の凍った荒野に、地軸を揺るがす砲声が轟いた。
東部においては、鴨緑江軍が前進続け、黒木軍がそれを助けつつ正面攻撃を開始した。
野津軍と奥軍のそれぞれの砲兵の全力を挙げて、正面の敵陣地に砲弾の雨を降らせた。
乃木の第三軍は旋回運動を続けていた。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。