We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その二百十二)The Battle of Tsushima
2007-02-01 Thu 00:00
この東部山岳地帯での戦闘は、実に二十日間も続いた。
第十一師団が来れば、と後備第一師団の誰もがその来着を待った。
第十一師団は、四国出身の現役兵をもって編成されている師団であり、旅順で勇名を馳せたことで知られている。
清河城の東南陣地に対する攻撃は、第十一師団の到着を待って、二十四日の払暁から再開された。
後備第一師団の左翼隊は手投げ爆弾をもって、敵の側防火器を制圧させ、その突撃には十分な砲兵援護が与えられた。
同時に前進した主力には、四挺の機関銃が援護用として与えられていた。
敵の射撃は、この四挺の機関銃が見事に制圧した。
その間に歩兵一個中隊が敵の死角に飛び込むことに成功した。
第十一師団も同時攻撃を行い、戦闘六時間の結果、この敵陣地を制圧した。
ロシア軍は全ての陣地を捨て、清河城へ篭った。
日本軍はすかさず清河城へ迫ったが、この夜、ロシア軍は火を放ち、清河城を捨てて、西北方の大嶺の線まで後退した。
軍司令官川村景明は、進んで馬群丹を占領すべし、と命じた。
二十六日、第十一師団が馬群丹に向かって進発した。
彼らは、その途上にロシア軍のエック中将の師団が構築した防御陣地に苦闘せざるを得なかった。
同日の夜、第十一師団の宿営地の前面のロシア軍陣地で、幾度にも起き上がる歓声が、日本兵たちを驚かせた。
クロパトキン総司令官は、その指揮下のレネンカンプ支隊を援軍として、この方面に急派するという知らせが、ロシア軍陣地に届いたからであった。
苦戦中のロシア兵たちが狂喜したのは無理からぬことであった。
「ウラー、ウラー」の雄叫びは、闇を貫いて何度も木魂した。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。