We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その百四十四)The Battle of Tsushima
2006-11-23 Thu 00:00
午後八時二十三分、日本艦隊は夜の闇に紛れたドンスコイの艦影を見失った。
ドンスコイは、遂に島影に入ったのである。
砲撃戦は止んだ。
代わって、第二駆逐隊の三隻が、折から来合わせた第一駆逐隊の吹雪を伴って襲撃を試みた。
ドンスコイは既に陸岸近くに到達していた。
同艦は、舵機と汽缶に被弾し、五ノットの速力しか出なかったが、最後の力を振り絞ってたどり着いたのである。
駆逐艦は岸側からの攻撃は不可能であると判断し、海側からの攻撃に切り替えた。
午後九時七分、各駆逐艦は二本ずつ魚雷を発射した。
午後九時十分、第二駆逐隊の朧、曙、電の三艦と第四駆逐隊の朝霧、白雲の二艦は鬱陵島の北側へ回りこみ、警戒態勢をとりながら夜明けを待った。
夜の闇に紛れて鬱陵島の南海岸に投錨したドンスコイは、乗組員を全て上陸させ、キングストン弁を開いて自沈することを決めた。
同艦の死者は八十名に達し、艦長レベーデフ大佐も重傷を負っていた。
ブローヒン副長は、艦長と協議した結果、その結論を出したのである。
艦上には、偶然にも破壊を免れた二号艀と六本オールの短艇が残されていた。
それらを使って、乗組員の揚陸作業が開始された。
先ず最初に、暴動を起こしたオスラビアの乗員が艦から遠ざけられた。
それと一緒にレベーデフ大佐も運ばれた。
その後、百人を超える負傷者たちが運ばれた。
担架や釣床が利用されて、呻いたり唸ったりする負傷者たちが艀に移されていった。後わしにされた乗組員たちのうち三十人たちが壊れた倉庫から持ち出した酒でしたたか酔っ払った。
酔漢たちは誰はばからず大騒ぎをして、戦争と上官たちを呪った。
気が大きくなった二三の者たちは、海に飛び込み、岸まで泳いでいった。
二十九日の朝が訪れた。
ドンスコイは一部の乗組員によって深い海面に移動させられ、彼らはキングストン弁を開いて退艦した。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。