We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
ツシマ沖の海戦(その百三十三)The Battle of Tsushima
2006-11-12 Sun 00:16
ベドウイの艦上では奇妙な動きがみられた。
すぐ呼笛が鳴り、チユーダーコフ兵曹の声が聞えた。
「砲の覆いをとるな」
幕僚たちも艦橋から甲板に降りてきた。
水雷参謀のレオンチェフ大尉が、砲側へ駆け寄ってきた。
「一発も打っちゃあいかん。提督の生命を救うんだということはお前たちも、分かっているはずだ」
「日本人たちは、俺たちを犬ころのように沈めようとしていますぜ。一体どうすればいいんで?」
砲員たちは激昂していた。
「奴らはそんなことはしない。本艦は病院船なのだ」
頭に包帯を巻いたフィリポフスキー少佐が、猫なで声で兵員たちを宥めた。
太った鼻の上に掛けられた鼻眼鏡には汗の玉が光っていた。
説得の場には、クロング参謀長も参加してきた。
「駆逐艦なんて大したものではない。新しいものを作ればよい。それよりも、提督はロシアにとってかけがえのない人物なのだ」
黒いもじゃもじゃの眉毛の下で、これも黒い小さな目が瞬いた。
この時、ふと気づいたように、クロング大佐は、提督に報告することをレオンチェフ大尉に命じた。
大尉は艦内に駆け込んだと思うと、すぐに速足で戻ってきた。
「提督は同意されました。」
見る間に、前檣に白旗と大檣に赤十字旗がはためいた。
信号兵たちが、二枚の旗をマストの動索に結び付けて待ち構えていたのだ。
白旗はテーブルクロスで代用された。
赤十字旗の下には万国信号旗も付けられていた。
「Had seriously wounded」
我に重傷者あり、の意である。
漣は最初それに気づかず、約三千メートルの位置から砲撃を開始した。

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。