We must protect the senile elderly people from unscrupulous business operators by using the adult guardianship system.

スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
35・45歳で年金加入歴通知、早期点検狙い
2006-11-06 Mon 05:14
社会保険庁は、35歳と45歳の国民・厚生両年金加入者に対し、過去の詳細な年金加入履歴を2007年から郵送で通知する方針を固めた。
 従来、年金を受け取る直前の58歳の加入者に通知していたが、履歴の記録ミスなどを早期に発見しやすくすることで、年金の信頼性を高めることを目指す。
履歴の記載に間違いや問題がある場合、社会保険事務所などに、履歴の訂正を求めることができる。
(ヤフー・読売新聞) - 11月6日3時8分更新から引用

From Abiko Business Consultants
スポンサーサイト
別窓 | 社会保険・労務関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ツシマ沖の海戦(その百二十七)The Battle of Tsushima
2006-11-06 Mon 03:08
ここで、少し時間軸をずらせて、駆逐艦グロムキーのその後の運命について記してみたい。
グロムキーはしぶとかった。
追いかける不知火の汽缶は前日の戦闘により被害を受けており、二十ノットの速力が精一杯であった。
それに比べてグロムキーは二十三ノットが出せた。
艦上では桑島少佐が、歯軋りしていた。
「これでは、追求は意のままにならん。まるで駄馬に鞭打っている感じだ」
桑島艦長の歯噛みをよそに両艦の距離はますます開いていった。
ところが、この時、不知火が放った一弾がロシア駆逐艦の艦腹を鋭く抉った。
見る間にグロムキーの速度が衰え、不知火と同程度となった。
「天佑なり、天は未だ我を見捨てず」
艦橋で双眼鏡を覗いていた桑島艦長が上機嫌で言った。
不知火は、約五、六千メートルの距離を保ちながら、敵艦を蔚山沖に追い詰めて行った。
時刻は、午前十一時二十分のことである。
その時、不意に一隻の小型艦艇が出現した。
グロムキーは味方の駆逐艦と誤解して、近づいていったが、それは第二十艇隊所属の水雷艇第六十三号(百十トン)であった。
グロムキーはそれに気づくと慌てて反転した。
不知火の戦闘記録はその時の状況を伝える。
「敵、驀然本艦ニ向テ、決闘ヲ求め来ル」
不知火は突進して来るグロムキーに対して、旋回戦術をとった。
不知火はときには三百メートルにまで接近して、砲撃戦を展開した。
午前十一時四十分、水雷艇第六十三号も戦闘に参加した。
しかし、グロムキーの奮戦は凄まじかった。
不知火の被弾は三十発に及び、負傷者は四名を数えた。
更にグロムキーは魚雷二本を発射して、不知火の心胆を寒からしめた。
戦闘記録は続ける。
「本艦ハ、為ニ殆ド轟沈セラレントセシモ、極度ノ転舵ニヨリ辛ウジテ之を避ケ得タリ」
魚雷は避けえたものの、不知火は右舷機を撃ち抜かれ、舵機も破壊された。
そのため、一箇所を旋回するという窮地に陥った。
一方、グロムキーの損害も甚だしく、午後零時四分に至り、殆どの砲は破壊され、砲弾も撃ちつくすという状態を迎えた。
艦長Sケルン中佐は、自沈を決意し、キハングストン弁を開かせ、総員退艦を命じた。
次々に舷側から飛び込む乗員たちを不知火と第六十三号艇が拾い上げていった。五十四名の乗組員が救助された。
グロムキーの船体は、第六十三号艇が曳航を試みたが、午後零時四十三分、右に大傾斜した後に、姿を没した。
沈没地点は蔚山の北東十五海里である。

From Abiko Business Consultants
別窓 | 小説 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Abiko Business Consultants |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。